脊柱管狭窄症と脊椎分離・すべり症

脊柱管狭窄症とは

「脊柱管狭窄症」とは、腰部の脊柱管が、何らかの原因で狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって腰痛やしびれを起こすといわれています。

原因

狭窄の原因としては、椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢にともなう椎間板、椎体、椎間関節や椎弓の変性によるものが挙げられます。そのため、負担のかかる腰部に多く見られ ます。この他、外傷や先天的な骨の形成不全によっておこる場合もあります。
若年から高齢まで、あらゆる年代で発症する可能性がありますが、50・60歳代〜70歳代までの方々に、多く発症します。

症状

・神経のどこが圧迫されるかによって症状が異なってきます。
神経根の場合:下肢の痺れや筋力低下
馬尾神経の場合:下肢の痺れ、脱力感、排泄障害

・特徴的な間欠性跛行
これは、一定の距離を歩くと痛みや痺れが下肢に発生し、しばらく休むと回復します。
また、自転車に乗る姿勢がちょうど前かがみの状態としてふさわしいということから、移動には自転車を使うという方も多いようです。

脊椎分離・すべり症

分離症

脊椎分離症は椎間関節の基部の骨が分離する状態です。
原因として、腰の曲げ伸ばしや捻り運動を繰り返すことで徐々に骨の分離が起こるとする「疲労骨折説」があります。骨が成熟していない少年期にスポーツで腰部に繰り返し負担がかかることで発症する場合があり、スポーツでなくても不良姿勢などとも関係があるといわれています。

すべり症

脊椎すべり症は椎骨が前後にずれている状態です。
分離症に伴って起こるすべり症(分離すべり症)と、分離を伴わないもの(変性すべり症)とに分けられます。
分離すべり症は椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなり、さらに成長期では椎体が変形したり、壮年期では椎間板が変性するなどして発症します。分離に伴わないすべり症は、椎間板の変性によるものではないかといわれています。

症状

分離症だけでは自覚症状が出ない場合が多いですが、長時間の座位や立ち仕事、腰を反らせたり横に曲げたりした時に腰痛を訴える場合があります。また、すべり症では、このような腰痛の他に下肢の痛みやしびれなどの症状を訴える場合が多くあるといわれています。
しかし、レントゲン画像で分離症やすべり症が認められるからといって必ずしも腰痛や下肢症状があるわけではない事実から、「分離症、すべり症=腰痛・下肢症状」というわけではありません。
分離症やすべり症により、構造的に腰部に負担がかかりやすくなることで、その部分の関節の痛みやその周囲の筋肉の過緊張による腰痛が起こっている場合も多くあります。

まるいま治療院での整体施術

脊柱管狭窄症と脊椎分離・すべり症と診断されて来院される方は多いですが、骨の狭窄や変形が痛みと関係していないケースがたくさんあります。当院では病名に囚われず、構造と機能の正常化に努め患者様を心身からサポートしていきます。

頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る