腰痛について

腰の痛み

 一生のうちで腰痛にかかる確率は60〜80%ともいわれており、症状別統計(2007年度・厚生労働省国民生活調査)では、腰痛を訴える割合は男性で1位、女性では2位で、肩こりと並んで多くの人が悩んでいる症状です。

腰部は5つの腰椎と骨盤(仙骨・腸骨)、それらを支える靭帯と筋肉で構成されています。背骨は横からみるとS字カーブを描いていますが、腰部に関しては関節や筋肉が連動して前弯をつくることで、身体をバランスよく支えています。

しかし、運動不足、疲労、不良姿勢などにより、血液の循環が悪くなると筋肉の緊張が強まり、骨盤のバランスや頭腰痛部の筋肉の柔軟性が失われてしまいます。

 

慢性腰痛とは

一般的に「腰痛」というと慢性腰痛が大半を占め、慢性的に腰が痛い、腰が張る、腰に重さを感じるなどの症状です。多くの場合、背中の下側から臀部あたりまでの範囲で痛みや重さを感じますが、足のしびれ感やだるさを伴うこともあります。
デスクワークや移動による長時間の姿勢、または立ちっぱなしで腰に痛みを感じることが多く、起床時に腰痛を感じる方も多いです。急性腰痛をきっかけに慢性腰痛に移行してしまうケースもよくあります。

慢性腰痛の原因

慢性腰痛は結果的に骨盤・腰部の関節の動きが悪くなり、筋肉や筋膜が硬まってしまうことで、痛みを感じている方がほとんどです。
つまり、骨格と筋肉・筋膜が固まってしまい、身体を支えながらバランスをとる余裕がなくなってしまっているのです。その理由には、姿勢、日常生活動作、運動不足ややり過ぎ、睡眠環境、精神状態などが関わってきます。

骨盤・背骨(骨格)の問題

偏った身体の使い方、不良姿勢や運動不足、過剰な運動などで、骨盤や背骨が歪んだり、関節の動きが悪くなると、体を曲げたり反ったり、回すなどの動きがスムーズにでなきなくなります。日常生活の動きが負担となって、関節や周りの靭帯に痛みが生じます。また、背骨の歪みによって筋力の弱化や足のしびれを引き起こしていることもあります。

筋肉・筋膜の問題

筋肉は運動以外にも長時間の坐位、立位による姿勢によっても負担がかかります。疲労が溜まると血行不良で栄養不足になってしまいます。筋膜は全身をつないでいるので、昔の傷や手術痕が原因で引っ張り合いが生じ、腰が痛くなる場合もあります。

急性腰痛(ぎっくり腰)とは

前屈みになった時や、前屈みから状態を起こした時、後ろを振り返った時などに急激に損傷してしまう状態です。
体を曲げることができない、体を反らすと痛みで真っ直ぐ立てない、イスから立ち上がれない、 寝返りが困難、歩くことも辛いなどの症状も起こります。
最初は違和感や小さな痛みでも時間の経過と共に痛みが強くなることも多く、前日の夜に少し痛かったのが、起床時に起きられなくなる方もいます。また、朝の段階では少しの痛みだったのが、夕方にかけて痛みが増していくこともあります。

急性腰痛の原因は

日常の姿勢、疲労、日常生活動作、運動不足や過剰な運動、睡眠、食生活、精神的ストレス、思考のクセなどが関わってきます。すべて日常生活の中に原因があり、自律神経を通して身体に負担をかけています。日常生活を見直した上で、定期的にお身体のメンテナンスも大切になっってくると思います。

まるいま治療院での整体施術

まずは、骨盤を支えている足底、足首の安定を図り、ふくらはぎを緩めることを行います。ふくらはぎが緩むとポンプ機能が働き、循環がよくなってきます。それだけでも不必要な筋緊張がなくなってきます。足の状態を安定させた上で骨盤や腰の調整を行ってきます。寝ることが困難な方には、座位から始め、横向き、仰向けで寝られるようにしていきます。最終的には重力がかかった座位の状態で施術を終えるようにします。

腰痛の予防のために

腰痛の方も様々な原因が複雑に絡み合っていますので、色々な条件を取り除いていくことが大切になります。

姿勢では、デスクワークの方でいえば、こまめに立つ、肉体労働の方では脇を締めて荷物を持つなど  

食生活では、食べ過ぎ・飲みすぎた翌朝は、食事を抜いて内臓を休ませる

睡眠環境では、正しい枕と寝具を選ぶ

運動では、極力、歩くように努める

靴では、インソールを活用する

一つ一つ実践するだけでも、ギックリ腰の可能性を減らせますのでやってみてください。

頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る