膝痛

膝の障害

オズグット・シュラッター病

小中学生のスポーツ選手に好発しやすいです。

症状は、膝のお皿の下に痛みが出ます。押したり曲げるのがつらく、腫れてきます。
成長段階で骨がまだ出来上がっていないため、靱帯の付着部が引っ張られることにより付着部が剥がれるため、見た目にはコブが出来たように見えます。

施術はアイシングで患部の炎症を最小限に抑え、太もも前の筋肉の緊張をゆるめていきます。

太もも前面の筋肉の大きな筋肉がお皿を経由して靱帯になり膝下に付き、上は骨盤に付きます。 このため骨盤の後ろへの傾きがあると、筋肉をいくら弛めても引っ張り力が消えず症状が安定しません。

大切なのは骨盤の機能が働くように動きをつけていくことです。

ジャンパーズ・ニー

バスケットボールやバレーボールなど、ジャンプが多いスポーツ選手に多いです。

症状はオスグット・シュラッター病と同様ですが、膝下のコブの上あたりに出てきます。

施術はまずはアイシングが大切です、足首・股関節・骨盤のアライメントを調整することが必要です。 オスグット・シュラッター病より複雑なため、症状が長引きやすいですが、よくなります。

ランナーズ・ニー

ランナーの膝の前面に出る痛みで、お皿の前内側や前外側、あるいはお皿の裏面に出る症状である。

前内側の痛みは、お皿の中にある滑膜というヒダの引っかかりが原因で発症することがあります。

前外側の痛みは、お皿を抑えている膜の障害や、お皿の外側に無理な力が加わることで摩擦して生じたりします。

お皿の裏面の痛みは、お皿と大腿骨の間にある軟骨が傷害することで生じます。(膝蓋軟骨軟化症ともいいます)

施術はまずはアイシングが大切です、足首・股関節・骨盤のアライメントを調整することが必要です。

膝蓋軟骨軟化症を発症した場合は、構造障害(軟骨そのものが壊れてる)になります。治療期間は長期になりますが治りますのでしっかり治療することが必要です。

腸脛靭帯炎

長距離ランナーやロードレーサー、スキーヤーなどのアスリートに発症しやすいです。

太ももの外側にある場所が腸脛靭帯というスジです。膝の屈伸時に靭帯が外方向へブレが出ると、スジと大腿骨の端で摩擦して痛みが生じます。

施術はまずはアイシングが大切です、足首・股関節・骨盤のアライメントを調整することが必要です。

痛みを誤魔化しながらプレーをつづけると、外側半月板の障害が生じやすくなります。しっかり治療しましょう。

鵞足炎(がそくえん)

サイドステップ動作が多いスポーツで生じることが多いです。
ガ足に付く筋肉には縫工筋、薄筋、半腱様筋という筋肉があります。
膝の屈伸時に内側に力が加わるとガ足にある滑液包(潤滑油の入った袋)が摩擦して痛みが生じます。

施術はまずはアイシングが大切です、足首・股関節・骨盤のアライメントを調整することが必要です。

無理をしていると、内側半月板の障害、膝蓋軟骨軟化症を引き起こす可能性があります。

半月板損傷

膝関節のクッション材的な役目をしている軟骨で、若いスポーツ選手はバケツ柄断裂、年配のスポーツ選手では

flap状断裂を生じることが多いです。

バケツ柄断裂では、ロッキングを起こす事が多く、膝が伸びなくなります。
flap状断裂では、膝の屈伸時にパキッといった関節音がすることが多いです。(関節音がするからすべて半月板損傷というわけではありません)負傷時の状況や腫脹の程度、徒手テスト、画像検査で診断します。

治療は生理的局所冷却が第一選択で、膝関節と半月板の整復、一定期間患部の安静が必要で、膝の捻りを制御する動きを習慣化させることが必要です。
保存療法により日常生活で支障のない状態になりますが、内視鏡による外科手術をすすめる場合もあります。

膝の靭帯損傷

膝関節には内外側の側副靭帯・前後の十字靭帯があります。
様々なスポーツで発生し、それぞれの靱帯に過度の外力が加わり損傷します。微少断裂から完全断裂まであり、受傷時の状況、腫脹の程度、徒手テストで通常診断できますが、受傷すぐには筋緊張が強く徒手テストで発見出来ない場合もあります。

最悪パターンとして内側側副靭帯、前十字靭帯、半月板損傷の複合損傷で、強力な外力により膝から下が外に捻られた時に損傷します。

通常、前十字靱帯完全断裂や複合損傷の場合は手術を薦めますが、アスリートでなければ、保存治療も可能です。生理的局所冷却を第一選択にして、膝関節の整復、一定期間患部の安静による保存療法で問題ないと思います。どちらも経過観察してからでも手術は出来ます。

頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る