頚椎椎間板ヘルニア

変形性頚椎症(頚部脊椎症、頚椎症)

椎間板の老化現象で、年齢とともに誰でも変形します。変形があっても必ずしも痛いわけではありません。無症状の方もたくさんおります。年齢とともに次第に悪化するケースが多いです。 椎間板の老化によって椎間板が潰れて、椎骨の椎間板付着部の椎体から骨が出っ張って棘(骨棘)ができ神経を刺激します。 症状はさまざまで頚(首)~肩の痛み、肩こり。 頚(首)を後ろに反らすと症状は悪化します。

骨棘が神経を圧迫する=神経根症(頚椎症性神経根症)  骨棘が脊髄を圧迫する=脊髄症(頚椎症性脊髄症)

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板は軟骨で出来ていますが、その構造は繊維輪という硬い軟骨の囲いの中に、柔らかい髄核という軟骨が入っており、クッションの役目をしています。その髄核が繊維輪を破って飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。 変形性頚椎症より若い年齢層(30~50代)に多いです。飛び出た大きさや、神経圧迫の部位によって頚部痛、神経根症、脊髄症の症状になります。 変形性頚椎症と区別が困難なこともあります。MRI画像診断が必要です。

変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアともに、画像診断に異常があっても症状が出てない方が多いです。またその病名と症状が関係ないことも多く、病名に囚われて治りを悪くしている方をたくさん見かけます。まるいま治療院では病名に囚われていることを止めることから説明し、日常生活で首に負担をかけていることを一緒に探し改めていただくようにしております。

頚椎後縦靱帯骨化症

椎体の後ろにある後縦靱帯が骨に変わってしまう原因不明の難病です(難病に指定されています)
骨化が大きくなって脊髄を圧迫していても無症状のことがあり、X線写真を撮って初めてわかることも珍しくありません。 後縦靭帯骨化の程度が低くても、転倒などの衝撃で悪化することがあり注意が必要です。 無症状の人が転倒して四肢麻痺となってはじめて後縦靱帯骨化症が発見されることもよくあります。 多くの場合、脊髄症になりやすいです。 圧迫が強い箇所では脊髄は紙のように薄くなっています。 中高年の男性に多くみられ、糖尿病を合併している人が多い傾向にあります。

今までの経験ですと強いマッサージを肩回りに受け過ぎた方や頚部の強い牽引をやり過ぎた方が多いように感じます。

胸郭出口症候群

鎖骨の上方で、腕にいく神経や血管が筋肉の間で挟まれるために起こります。若い女性に多くみられます。 血管性、神経性、血管性と神経性の合併があります。 血管性は頚が長い、なで肩などの生まれつきの要素が関与しているといわれています。 神経性は頚椎捻挫などの外傷で発症することが多いです。  腕を挙げる姿勢で症状が強くなり、腕を下げると楽になります。 長時間のパソコン作業で悪化します。 多くは片側性ですが、両側性もあります。

胸郭出口症候群では下記の4つが神経・血管を圧迫する原因と言われています。
1.斜角筋症候群
首の横にある斜角筋という筋肉により神経・血管が圧迫され痺れを起こします。斜角筋は前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋と3つあり、前斜角筋と中斜角筋の間を神経と血管が通ります。そのため斜角筋が緊張すると通過する神経・血管を圧迫しやすくなります。

2.肋鎖症候群
肋骨と鎖骨の間を神経・血管が通っています。肋骨と鎖骨の間が狭くなると通っている神経・血管を圧迫してしまい痺れを起こします。この隙間は男性より女性のほうが狭いことが多いです。

3.小胸筋症候群(過剰外転症候群)
胸にある小胸筋という筋肉によって神経・血管が圧迫され痺れを起こします。この神経・血管の前面を小胸筋がおおっています。そのため小胸筋の緊張が強くなると小胸筋と肩甲骨との隙間が狭くなり圧迫されます。

4.頚肋症候群
通常肋骨は胸椎についているものですが、先天的な異常により頸椎に付いていることがまれにあります。その肋骨を頸肋(けいろく)と呼びます。この頸肋がある場合神経・血管を圧迫してしまうことがあります。この状態を頚肋症候群といいます。

むち打ちによる頚椎捻挫

車での追突事故などで発症します。首を固定する筋肉と靭帯が損傷します。手足のしびれ・だるさ等の自覚症状があり、めまい、耳鳴り、吐き気を伴うことが多いです。急性期はアイシングが適切です。靭帯の損傷で靭帯が緩くなりますので首の安定性が悪くなります。関節の安定性を高める施術が必要です。関節の安定性を高めるために筋肉が緊張していますので、マッサージをすると悪化しやすいので注意が必要です。

まるいま治療院の整体施術は、原因を特定し全体のバランスを整えた上で局所の負担を軽減させていきます。

症状は結果であり、原因は他にあります。なかなか改善されない方はご相談ください。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る