アトピーと整体

西洋医学的な視点からみたアトピー

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性的に症状が発生する皮膚炎です。皮膚が乾燥から身を守ろうとするバリアー機能に異常が起こり症状が発生します。皮膚の生理学的異常と考えられていますが、根本的な原因は解明されていない状況です。

当院ではアトピーは、内臓疲労から排泄機能が落ちた状態だと考えています。毒素を汗や便、尿で排泄しきれず皮膚に現れた状態です。もちろんその他にも電磁波や精神的ストレスの問題なども考えられると思います。

皮膚に現れた症状は、結果であり原因ではないので、皮膚にステロイドを塗ってもその場は良いですが自分の力で炎症を抑えようとする力が弱まっていきます。

当院では、内臓の疲労を反射を使って軽減させ毒素の排泄能力を高めます。そして、天然のステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の出やすい環境を高めるために頭蓋骨の調整をしていきます。

その他、セルフケアや食事も大切な治療の一環ですので、スキンケアと食生活の指導もさせていただきます。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る