五十肩と整体

五十肩とは

五十肩は名前のとおり、40代から50代に多く発症します。腕を挙げると痛みがあり、その痛みのため運動制限が強く現れます。

肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、肩を大きく動かす必要があるために、関節の構造が不安定に作られています。骨だけでは構造的に不安定なところは靭帯や筋肉が強度を高めてくれています。そのため、肩の使い過ぎによって炎症や損傷が起こりやすく、痛み、可動域の制限が起こると考えられています。

肩の筋肉による痛みと五十肩を混同する人も多いですが、この二つはまったくの別物です。筋肉による痛みは筋肉の損傷や血行不良などにより起こりますが、五十肩は肩の炎症が原因となって起こります。そのため、五十肩は正式には「肩関節周囲炎」といいます。

五十肩は治療をしなくても痛みが無くなる方もいますが、1年前後痛みが続きます。また、放置しておくと肩の運動制限が残ってしまいますので、適切な治療が必要になります。

五十肩の症状

主に肩をあげるときにズキッと痛む、肩があげられないといった症状ですが、段階により症状が変わってきます。

主に3つの期間に分けられます。

①急性期

発症初期は急性期といい、炎症が強い為に、痛みが非常に強い時期です。

通常、発症してから1~2ヶ月続きます。腕を少し動かしただけでも痛みがあり、夜も眠れないことがあります。

②慢性期

炎症も治まり、肩の痛みも軽減します。腕を動かさなければ痛みはありませんが、ある範囲以上動かすと強い痛みが起こります。そのため、強い痛みによる運動制限がある状態です。この時期は肩関節周辺の筋肉が非常に強く緊張しています。

③回復期

可動範囲が広がり、痛みも軽減します。そのため日常生活が送りやすくなります。

基本的には急性期→慢性期→回復期といった順序で移行していきます。

しかし急性期がなく、気が付いたら慢性期の症状から始まっている場合もしばしば見られます。

五十肩の原因と整体

五十肩については、はっきりと原因が分かっていないのが現状です。必ずしも肩を使い過ぎている人(スポーツや仕事など)に起こりやすいわけでもなく、デスクワークで肩を動かさない人にも起こります。

当院では、デスクワークなど肩を動かさない仕事をしている方に多いようです。肩の筋肉は内臓につく膜ともつながっていますので、内臓の位置異常から引っ張られている場合もあります。また肋骨の動きが悪いことで肩にも影響が出ている方も多いです。

まるいま治療院では、肩に影響を与えているを手足、骨盤、肋骨、胸郭の関節や膜を調整した上で、局所の調整に入ります。まずは可動域が改善してから痛みが軽減してくるケースが多いです。

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る