野球肩・テニス肩と整体

野球肩とは 

肩は人の体の中で一番自由に動く関節であると同時に、怪我をしやすい関節でもあります。肩の痛みで最も重要なのはローテーターカフと呼ばれるインナーマッスルです。ローテーターカフは棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋という四つの筋肉で構成されており、肩関節を安定させてスムーズに投球が行えるように補助する重要な筋肉です。野球では主に使い過ぎによってローテーターカフなどの筋肉に炎症が起こり痛みが出ます。

野球肩の症状 

・投球時の肩の痛み、違和感、引っかかり

・肩の痛みの部位は、痛んだ箇所によって肩の前方、上方、後方と様々です。

・肩の腫れや熱感がある

・重症度別に症状をみると

①軽度の場合投げ始めは痛みがあるが、肩が温まると痛みが軽減します

②中度の場合は痛みはあるが、ボールをなんとか投げられます

③重度の場合は痛みでボールを投げられなくなる場合もあります

野球肩の原因 

投球動作によって肩の筋肉を使いすぎると筋肉が緊張して硬くなります。そうすると肩の関節の動きが悪くなります。動きが悪くなると、関節の中で筋肉の腱がこすれたり、ぶつかりやすくなり炎症が起こります。また、フォームは人それぞれですが無理なフォームで投球を繰り返した場合にも炎症が起こります。最初は小さな炎症でもプレーを続けることで慢性化してきます。

投球動作のそれぞれの過程で傷めやすい筋肉も異なります。投球動作は主に3つの過程に分かれます。

①コッキング期

振りかぶってから加速する手前までの段階では、肩の前方が伸ばされるため肩の前方の筋肉などの組織が障害されやすいです。そのため肩の前方に痛みが出ることが多いです。

②アクセレーション期

コッキング期の後からリリースするまでの段階は最も力が入り、様々な障害が起こりやすい部分で、肩の上方において筋肉の腱が肩関節に挟み込まれて障害されることが多いです。そのため肩の上方に痛みが出ることが多いです。

③フォロースルー期

ボールをリリースした後の投球動作の最後の段階で、振りぬいた腕を減速させるために肩の後ろの筋肉を使うため、肩の後ろの筋肉や組織が障害されることが多いです。そのため肩の後方に痛みが出ることが多いです。

テニス肩とは

肩は人の体の中で一番自由に動く関節であると同時に、怪我をしやすい関節でもあります。プレーによって、肩関節の中で筋肉の腱やその周りの組織に衝突や摩擦が繰り返されて痛みが出ます。症状が悪化すると痛みで肩が挙げられなくなることもあります。テニスではフォアハンド・バックハンド・サーブのときでそれぞれ使う筋肉が異なるため、痛みの部位・原因もそれぞれ違ってきます。

症状 

・痛みで肩が挙がらない。

・痛みでオーバーヘッドサーブができない。

・スマッシュが打てない。

・インパクトの時に肩に痛みが走る。

原因 

プレーによって肩の筋肉を使いすぎると筋肉が硬くなります。これは、無理なフォームによってインパクトのときに肩に衝撃が加わることで起こります。そうすると肩の関節の動きが悪くなります。動きが悪くなると関節の中で筋肉の腱がこすれたり、ぶつかりやすくなり炎症が起こります。最初は小さな炎症でもプレーを続けることで慢性化してきます。

肩の上方の痛みの場合、肩の筋肉が肩関節に挟み込まれる状態になって痛みを起こします。腕を肩と水平くらいの高さに持ち上げた時が、肩関節の中が狭くなるので一番痛みも出やすいです。

肩の前方の痛みの場合、二の腕の筋肉である上腕二頭筋の腱の使いすぎや、骨との過剰な摩擦によって炎症を起こしてしまい、それが痛みの原因になっています。

肩の後方の痛みの場合、フォアハンドでは筋肉に過剰な牽引力がかかり、バックハンドでは過剰な負荷がかかることで筋肉に炎症が起こり、痛みの原因になります。

まるいま治療院での整体

当院ではどの動作で痛め、どの動きで痛いかを見極め、痛めている筋肉に負担をかけている歪みを見つけて調整していきます。それは、足首、骨盤、股関節、肋骨、頚椎だったりします。それと身体の使い方をお伝えしていきます。

効率的に身体を使えることで、ケガも少なくなっていきます。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る