手のしびれと整体

腕のしびれ

 「腕のしびれ」は首・肩こりとの関連性もあり、当院にも多くみられる症状の一つです。しびれの原因はさまざまあり、その原因をしっかりと特定することが治療では重要になります。まずしびれの原因には、神経によるもの、筋肉によるもの、血管によるもの、があります。

〇神経によるもの

神経が首から手にかけて走行していますので圧迫された部位によってしびれが起こります。。
代表的なのが「椎間板ヘルニア」「変形性頸椎症」「胸郭出口症候群」「肘部管症候群」「手根管症候群」になります。
また脳の病気などにより、手に痺れが出ることがあるので注意が必要です。症状は電気が走るようなビリビリ、ピリピリやチリチリするような鋭いしびれがあり、部位は圧迫される神経により変わってきます。

〇筋肉によるもの

筋肉によるしびれには2つの原因があります。

1つは筋肉の「トリガーポイント」による関連痛です。トリガーポイントとは筋肉に老廃物が溜まることにより起こる筋肉の硬結であり、しびれに似た関連痛を起こします。症状は神経によるものとは違い、ジワジワ、ズキズキ、ズーンなど重く、鈍い痺れが特徴です。トリガーポイントの出来る筋肉により関連痛の出る部位は変わってきます。

もう1つは筋肉の過緊張により隣接する神経を圧迫してしまうために起こるしびれです。結果的に神経を圧迫することにより症状が出るので、上記の神経によるものと同じ症状を出します。

〇血管によるもの
これは何らかの原因により血管が圧迫され、血流が低下するために起こります。正座をしていて足がしびれてしまうのがこれにあたり、感覚が無くなる感じを起こします。筋肉の過緊張により隣接する血管を圧迫し、症状を引き起こすケースもあります。
しびれを改善させるには、痺れの原因を突き止めることが最重要となり、それにより早期の症状改善が望めます。

ひじ痛

肘部管症候群とは

肘の内側に神経(尺骨神経)の通り道であるトンネルがあります。それを肘部管(ちゅうぶかん)といいます。肘部管は上腕骨の溝とその溝を覆う靭帯によって形成されています。
その肘部管がさまざまな原因で狭くなり、手の小指と薬指側にしびれを起こします。
よく肘を強打すると手がしびれるのはこの肘部管を刺激したために起こります。

肘部管症候群の症状

・小指・薬指に痺れ。
・進行すると手の筋肉が痩せ細る。
・進行すると握力の低下、指の開閉がしにくくなる。

肘部管症候群の原因

・肘の歪みや周囲の筋肉の緊張により、肘部管に負荷がかかり、神経を圧迫する。
・肘部管を構成する骨が隆起し、神経を圧迫する。
・肘部管内にガングリオンという、デキモノができ神経が圧迫される。

肘部管内は狭いため圧迫や引き伸ばしが加わると、しびれが起きやすいです。
そのため、肘を使いすぎるスポーツ・職業をされる方に起こりやすい症状です。
肘周辺の筋肉の柔軟性を保つ為のケアがとても重要になります。

手根管症候群とは

手根管とは手首の手のひら側にあり、骨と靭帯により形成されているトンネル状の構造です。この手根管を神経(正中神経)と指を曲げる筋肉の腱が通っています。
このトンネルの中で神経が圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こすことを手根管症候群といいます。女性に多く発症するのが特徴です。

手根管症候群の主な症状

・親指から薬指までのしびれと痛み(人差し指、中指を中心に)。
・進行すると、手の筋肉が衰え、力が入りにくくなる。

手根管症候群の主な原因

・手を使い過ぎる仕事
手を過剰に使い過ぎるすることで、手首の筋肉・腱が緊張し神経を圧迫したり、手首の関節にずれが生じ手根管の空間を狭くしてしまい、症状を起こすことがあります。
・妊娠、更年期
妊婦や更年期の女性に多く見られることから、女性ホルモンのバランスの変化による、手首のむくみが原因だと考えられています。
・その他
糖尿病・人工透析などに合併して起こることもあります。

まるいま治療院での整体

手や手首のみの治療ではなく、肘や肩・体幹も診て全体のバランスも整え、手首への負担を軽減させていきます。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る