変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、膝関節のクッションである軟骨のすり減りや筋力低下が原因となって、膝の関節に炎症が起き、その熱炎症から関節が変形したりして痛みが生じる病気です。

また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することもあります。 中高年の方に多い病気ですが、50歳以降の女性に多いです。

発病初期は痛みがすぐに治まったり、痛みがあっても年のせいだとあきらめたりして病院を訪れる人が少ないのが現状です。一度変形すると元に戻すことはできませんが、適切な施術を受ければ症状の進行を遅らせ痛みも軽減でき、普通に日常生活を送ることができます。 痛みを我慢することや、年だからとあきらめたりする前に正しい知識を身に付け、適切な施術を受けるようにしてください。

初期の症状 

朝起きて歩き始めた時の「膝の違和感」が最も早く現れる症状です。この段階では、膝に力がかかる動作で痛みがでることもありますが、この痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなる場合がほとんどです。

中期の症状 

期症状を放置しておくと、徐々に進行して症状が悪くなっていきます。まず、痛みがはっきりと自覚できるようになり、膝が完全に曲がりきらない、伸びきらない状態が進み、正座やしゃがみこむ動作が苦痛になってきます。階段の上り下りもつらく、特に下りがつらくなります。

また、炎症が起きてくるために、膝の周辺が腫れたり、熱感をともなったり、むくんだりしてきます。さらに、膝に水がたまって膝が張っているような重くだるい感じもでてきます。 この段階では、膝の変形がひどくなり、膝に力のかかる動きをするとコリコリ、ガリガリといった音が出るようになります。

末期の症状 

この段階になると、日常生活に支障が起こるほどの痛みになります。そのため、仕事をする、買い物に行く、旅行に出かけるなどの社会活動が思うようにできなくなります。活動範囲が狭まることでストレスがたまり、うつ状態に陥りやすくなります。また、高齢者の中には、こうした生活が続くと、認知症の症状が現れてくる人もいます。 この段階では、骨の変形が進んできますので、外見的にも関節の変形が目立つようになります。

まるいま治療院での整体施術

同じ変形性膝関節症でも、症状の現れ方や進み方は人によって様々です。レントゲンでは膝関節の変形が相当進んでいるのに症状がほとんどない人、逆にひどく痛むのにレントゲンでは変形がほとんど見られない人などです。このように骨の変形と痛みが関係ないことが臨床ではたくさんあります。

当院での施術は生理的局所冷却が第一選択で、足のアーチ・足首・膝・股関節・骨盤のアライメントを調整していきます。局所だけではなく、全体のバランスをみて調整していきす。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る