足底腱膜炎

足底腱膜炎

足底腱膜は、足の5本の指の付け根からかかとまで、足底に膜のように張っている腱組織であり、

足の縦のアーチを支える重要な役割を果たしています。

「足底腱膜炎」とは、その足底腱膜に小さな断裂が起こり、炎症が起きることで痛みをもたらすものです。多くはかかとの骨周辺に痛みが起こります。最初はわずかな痛みだったのが、少しずつ強くなっていき発症してから数ヶ月間痛みが続くこともあります。

かかとは歩行中は絶えず負荷がかかる部位で、休めておくことが難しいため、改善に時間がかかることが多いです。

また、ふくらはぎの筋肉の腱であるアキレス腱がかかとについていますが、筋や腱を覆う表面の膜を通して、アキレス腱の緊張(疲労)も足底腱膜につながります。ですので、ふくらはぎの筋肉と足底腱膜には密接な関わりがあります

特徴的な症状

*炎症がひどい場合は、動作や姿勢に関わらずじっとしていても痛みがでることがあります。

〇起床時の痛み

朝の起床時に痛みを感じることが多い症状です。

昼間は足底腱膜に柔軟性があるのが、寝ている間に硬くなってしまい、腱膜が硬いまま足をつくことで損傷部位が引っ張られることで強く痛むと考えられます。動いていくうちに、腱膜の柔軟性がでてくることで日中は痛みがなく過ごせる場合があります。長時間座った後、歩き出す際に痛みが出ることもありますが、理由は同じです。足底腱膜の損傷部位が修復され、柔軟性がつくと、痛みが治まります。

〇運動開始時、運動後・休息後の痛み

運動開始時やウォームアップの初めは朝と同じ理由でまだ足底腱膜が硬い間は、損傷部位に負荷がかかることで痛みがでます。損傷の程度が軽度なら運動中は痛みが軽減またはなくなりますが、

運動後や休んだ後に足底腱膜が硬くなると再び痛みを感じます。運動によりふくらはぎの筋肉が疲労し緊張が強くなった場合は、足底腱膜の緊張も強くなり損傷部位により大きな負担がかかります。

運動を繰り返すことで悪化する場合は、しばらく休むか運動の強度を下げることをお勧めします。

原因

〇足の疲労と柔軟性の低下

日常生活での負担や運動不足が続くと、足の疲労足の筋肉の緊張柔軟性の低下、というように進み、ふくらはぎや足底腱膜が硬くなってしまいます。長い距離を移動したり、スポーツ後にクールダウンをせずに放置しておいても同じ結果に繋がります。腱膜が硬いままになっていると、負荷がかかることで、足底腱膜に微小な断裂が起きて、足底腱膜炎になってしまいます。

〇急激な運動・足の使い過ぎ(オーバーユース)

普段あまり運動をしていない中で、ジョギングや飛び跳ねる動作の多いスポーツなどで足を使い過ぎることで、足底腱膜に微小な断裂が起きます。いつも運動している方でも、足に疲労が蓄積している場合、同じことが起こります。

〇筋力の低下

足のアーチ構造は、足底腱膜のほか、足のいろいろな筋肉によって支えられています。

それらの足のアーチを支える筋力が弱まると足底腱膜への負担が増し、足底腱膜炎を起こしやすくなります。

まるいま治療院での整体施術

当院では足底腱膜の緊張を指標にしながらふくらはぎとアキレス腱の緊張を緩め、どのように変化していくかを観察します。ふくらはぎとアキレス腱が緩むと踵の骨の位置が安定してきます。その状態にしてから足の細かい骨のバランスを整えて足のアーチができるようにテーピングをしていきます。日常生活指導としては靴の選び方や歩き方を伝えていきます。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る