起立性調節障害

起立性調節障害とは

起立性調節障害とは、思春期に多い病気とです。何らかの原因で血圧が上がらず、朝起きる事が出来ない、腹痛、吐き気、めまい、頭痛などの症状が出ます。また、不安感、やる気が出ない、イライラするなどの精神的な症状が合わせて出やすくなります。

起立性調節障害の症状が強くなりますと、学校に行けなくなるなどの不登校の原因にもなり、多くの子供たちが悩んでおります。

症状

起立性調節障害の症状に、「朝起きるのがつらい」ということがあります。交感神経(活動的な神経)のスイッチが入らず、気力が出ず夕方以降は元気になります。そのため、今度は休養するべき夜には眠れないという悪循環になります。

起立性調節障害の症状として、循環器に関係するものが多く出ます。それは血圧や循環を制御している自律神経のバランスが乱れることで末梢の血管がうまく収縮しなくなっているからです。それによって、立ちくらみ、脳貧血、めまい、といった症状が出てくるのです。

それ以外にも、強力な肩こりや偏頭痛なども症状としてあげられます。嘔吐や気分のイラつき、しびれや汗をかくなどの症状も伴います。

 

起立性調節障害の原因

起立性調節障害の原因は、自律神経のバランスが崩れていることです。とくに血圧を一定に保つ調整ができないので立ちくらみやめまいを引き起こしやすいです。しかし、これらが起きる直接の原因は、わかっていません。

ただ繊細で、周囲に対する気配りができる子供に多い傾向があります。結果的にストレスをため込みやすいということがいえます。不調を感じても、「心配かけたくないから」と黙っているパターンから、症状が悪化していたということもあります。

まるいま治療院での整体施術

当院ではまず病名に囚われないように説明し、身体の機能が正しく働いてくれば症状は自然に良くなっていくことを伝えていきます。施術は、頚部と頭の緊張を緩め、血流、神経伝達が良くなるように調整していきます。

それと精神的ストレスを抱えていないか、お話を伺うようにしております。病院に行っても改善されない方はご相談ください。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る