過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、原因不明といわれることが多い病気です。精神的なものとされ、薬を処方されますが、良くならない方が多く日常生活・仕事・学校生活などに大きな影響を与えてしまいます。

過敏性腸症候群は、決して治らない症状ではありません。心と身体を整えていくことで改善していきます。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、「慢性的にお腹の調子が悪い」と感じる腸の機能異常に関する症状の総称です。この病気は血液検査や内視鏡、レントゲン等を用いた検査では発見されず、身体機能には、特に異常が見られないのに腸の不調が起こります。

過敏性腸症候群は、20代から30代にかけて発症する人が多く、軽度の腹痛や膨満感・下痢気味であるといった一時的なものから発症する場合が多いです。

過敏性腸症候群の場合、消化器科を受診される方が多いです。過敏性腸症候群は、ストレスと密接な関わりを持ち、心身症のひとつであると考えられています。過敏性腸症候群の症状は様々です。食後腹部に違和感を感じ、排便後は腹痛が収まる方も多くおられます。症状が慢性化した場合でも、薬などにより、その場しのぎの対応をされる方がほとんどです。

過敏性腸症候群の症状

30代の日本男性に最も多い下痢型。下痢型は食後の数時間の内にお腹が緩くなり、薬が手放せなくなり、それがストレスとなって、慢性化及び悪化するケースが多く見られます。腹痛・下痢の症状に見舞われます。

次に便秘型。腸管が痙攣を起こして便が停滞することによって便秘の症状が現れます。このタイプは腸の動きが鈍ることによって起こる一般的な便秘とは異なりますので、適切な治療が必要です。

2つの症状が交互に現れる交替型。下痢気味だと思ったら水分量の少ないコロコロした少量の便しか排出されない便秘になりま。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因は様々です。下痢や便秘、おならの症状が現れますが、その原因はストレスだと言われています。

脳と腸内は密接な関わりがあると言われており、検査結果として異常は見られなくてもストレスにより腸機能に異常を起こしてしまうのがこの病気です。

ストレスによって自律神経が乱れてしまいます。自律神経は、消化器系に指令を出しています。自律神経とストレスは密接に関係しています。過敏性腸症候群が薬で治りにくいのは、このようなことが関係しているからだと思います。

まるいま治療院での整体施術

当院では、過敏性腸症候群は自律神経の乱れと背骨の歪みが原因していると考えております。もちろん、ストレスが原因で自律神経が乱れますので、そのストレスを減らすことも必要になります。

脳のストレスを減らすために頚椎を調整して、呼吸を深めていきます。そして内臓神経が出ている背骨の歪みを調整しカウンセリングを行います。

病院で改善しなかった方は、ご相談ください。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る