慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群とは、日常生活に支障をきたすような強い疲労感が6ヶ月以上続く状態をいいます。

休息をとっても疲労が抜けない、肩こりや頭痛、睡眠障害、精神障害などを引き起こすと言われています。

だるい

慢性疲労との違い

慢性疲労は、疲労が蓄積された状態です。慢性疲労症候群は、疲れることをやっていなくても疲労感があり、身体を動かすことに苦痛が伴う疾患です。周囲には理解を得にくい疾患ですので、患者はとても辛いストレスを受けてしまいま。

症状

慢性疲労症候群の症状には、主に以下のようなものがあります。

強い疲労感、肩こり、 頭痛、のどの異物感、顔のこわばり、 睡眠障害、精神障害、脳機能障害

原因

慢性疲労症候群の原因はわかっていません。原因がからないまま、長期間にわたって疲労を感じるため、精神的な苦痛が増し社会生活にも影響がでてきます。

考えられる原因としては、ストレスからくる自律神経の乱れ、遺伝的要因によるもの、ホルモン異常、感染症の発症、そして脳機能障害が組み合わさり、症状が現れるといわれています。

治療法

慢性疲労症候群の治療法は、確立されてはいませんが主に薬理療法、漢方処方、そして非薬理療法です。

薬

整体が慢性疲労症候群に対してできること

整体の手法には、骨、関節、筋肉、筋膜、内臓など様々な手法がありますが、構造と機能を整えることが大切だと感じます。子宮筋腫になるまでの過程には、食事、姿勢による歪み、ストレスなど長い歴史があり自分自身で作り上げてしまったという事実があります。まずは、それに気づき改め構造と機能を整えていくことで自分自身で治すように働いてくれます。整体を通して本人に気付きを与え、サポートができることが整体の良さだと思います。

まるいま治療院での施術

当院では慢性疲労症候群は自律神経の乱れから起こっているものと考えています。特に精神的ストレスから交感神経が優位に働きすぎ、身体が休みたくてもリラックスできない状態が続きます。この状態が続くことで循環が悪くなり内臓の機能も低下していきます。

施術はカウンセリングでストレスの原因を聞き取り、頚部や頭の緊張を緩めることを目的に行っていきます。

患者さんのストレスに対する考え方、思考が変わることで気付きが得られると身体はどんどん回復していきます。

心と身体の繋がりを大切に考え、改善サポートできるようにお手伝いさせていただきます。

慢性疲労症候群の予防のために

ストレス発散できるものを行ったり、首の後ろを冷やすことをやってみてください。脳に溜まったうつ熱を抜いてあげることがストレスの軽減につながります。それと寝室の環境(枕、寝具、ホコリ、香りなど)を整えてみてください。睡眠の質を高めることが、全ての病気の予防になります。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る