顎関節症 

多くの方が悩んでいる顎関節症。

顎関節症の主な症状

・顎周辺の痛みや鈍痛

・開口障害(口を開けにくい、閉じにくい)

・顎関節の雑音(口の開閉時にガリッと音が鳴る)

・長く口を開けていられない

患者自身が自覚がない症状

・顎関節に歪みがあるため、構造上の歪みが体に生じている。

・歯ぎしり、食いしばり、扁桃腺の腫れ、歯痛などの問題を生じている。

・口の歪みがあったり、目の高さの違いが生じる。


これらの症状や歪みが単独あるいは複合して出てきます。 その他に 肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、自律神経失調症、うつ病など全身に症状を起こす場合もあります。 顎周辺には三叉神経・顔面神経など多くの脳神経が通っているので様々な不定愁訴が出やすいです。

正常な状態

・開口時、指3本が縦に入る

・安静閉口時、歯同士が触れていない

・関節音(クリック音)がなく、滑らかに動く

当院の考え

顎関節を構成している下顎骨は、ぶら下がった状態にあります。重力のかかった地上で体が傾いていたり、首が左右に傾いてしまうと下顎骨のぶら下がり方に左右差が起こります。その状態で咀嚼を続けることで、顎関節に障害が出てきます。

顎関節症も土台が崩れた結果で起こりますので、傾いた体を整えていくことが大切になります。骨盤を整えることも大切ですが、骨盤を支えている足首はそれ以上に大切になります。

当院では、顎や歯と全身の関連も考え、施術にのぞんでいます。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る