つま先 履物 

 足の甲は、履き物との一体感を作る為に、適度に押さえる事が良い?

これこそ「常識」として、誰もが幼い時から靴紐(ひも)はしっかりと結ぶ事を親から言われてきたと思います。シューフィッターの方々も、革靴のひもは脱ぎ履きの際、解いて結ぶことをすすめています。

より靴のフィット感を高める為に適度に締めることは当然の「常識」として指導されています。しかし「良識」としての事実は、この靴ひもを締める行動が足部アーチの引き上げ運動の妨げとなり、身体バランスの保持は元より、身体運動そのものを低下させてしまいます。
理想の靴紐を締める強さは、足の指を曲げた(甲が上に上げられた)状態で締める事が理想です。その位の余裕がないと足部のアーチの上下運動に支障が出るのです。
また、理想の履き物は、足の足長や足囲が大切であり、誤った流行に流された履き物ではなく、「良識」な足に合った履き物を選ぶ事、次に甲部分の押さえや締めつけが強くない履き物が良いといえます。そして、靴ひもを締めすぎない様に結ぶことで、履き物とのフィット感ではなく、足裏の大地への接地感が感じられることが大切です。

つま先の上がり

現在、靴業界では、見た目やオシャレに重きを置いて、つま先が尖って狭い物やつま先が上がった物が流行となり、本来の足の形や足裏の機能に悪影響を与えている現実があります。

自分の素足の幅よりも狭い靴を履き、真っ直ぐ踏みだして歩けないほど爪先の長い靴を履いていることが、健康に良い、身体を守るための靴と言えないことは明白です。

これは、つまずきの防止や歩行時の靴のローリングを行いやすくするために、つま先部分を上げているということなのですが、良いことだけではありません。

実は、このつま先の上がりが原因で浮き指や開帳足となることや前後の不安定な姿勢から腰痛や膝関節痛が起きていることは余り知られていません。

前後バランスの前への負荷を最後に踏ん張れるのは足指です、ランニングや歩行で最後に踏み蹴るのも足指です。

歩行時にしっかりした踏み蹴りを行えると次の筋収縮によって足首は引き挙げられます、だからつまずかないです。

足指を使えない靴の「つま先」が上がっている状況では、不安定さとしっかりした蹴りだしが出来ないために、逆につまずきやすい身体になるということです。

しっかりと蹴った歩き方・走り方をするためには、「つま先」がフラットなものが理想です。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る