履物 インソール

地球上には重力があり、人間の体は常に地球の中心に引かれています。、そして重力によって引かれる体を二本の足で踏ん張って、押し返すことで立っています。

重力は体の真下に向かって常にかかっています。歪みが強いと身体バランスの崩れが起こり、姿勢保持のために必要以上の筋肉で支えなければなりません。

このことが筋肉痛や関節痛、不調の原因となります。体の歪みがひどくなると、体の動揺が強くなり杖などが必要となります。

直立している時は、足裏を土台として、足関節、膝関節、股関節等を利用して、骨盤の微妙な前後左右への移動で、バランス保持を行っています。この土台となる足部を安定させることが体の歪みや障害を減らすためには大切になります。

具体的には、踵骨、親指根元の種子骨(母指球)、小指根元の中足骨(小指球)を土台としたこの三ヶ所の支点からなる足裏のアーチを全て活性させることで、足元から姿勢を保持して少ない力で重力に対応できるようになります。

骨格の形成は遺伝と生活習慣によると言われますが、この骨格が歪む理由として、筋肉疲労や筋力低下により姿勢保持が困難となって生じる場合と履き物によって生じる場合が考えられます。

一般的に普及している履き物やインソール(中敷)は、足裏の形状に合わせたインソールで履き物と足をフィットさせることに主眼が置かれています。

現代の履物は世界のシューズメーカーが足底板の理論を基にフィット感と衝撃吸収性を求めてきたことによって本来の足の機能が低下してきています。

足裏の各足の指が柔軟に上下に動くことによって、衝撃吸収、体のバランス保持、下肢の循環器の働きを補助する役目を果たしています。

しかし、現在普及されている履き物やインソールの大半が土踏まず部分が高くなっているために、足指の上下運動の妨げになり、内側の土踏まず部分の高さや硬すぎることによって、足底腱膜炎や中足骨損傷などを引き起こしている場合もあります。

正しい履物とインソールを選ぶことがケガの予防になり、体の歪みを軽減させてくれます。

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る