むち打ちは整骨院、治療院

むち打ちは、交通事故などによって、首に急激な衝撃が加わり起こります。

衝撃によって首が前後左右に振られて、鞭のようにしなることで筋肉組織が損傷して発生します。

事故後すぐに症状が出ることは少なく、翌日あたりから様々な症状が出てくることが多いです。

軽いむち打ちでは、首周辺の痛みや違和感が主な症状となります。 しかし、ひどいむち打ちでは首・肩・背中・腕まで痛みの範囲が広がり 頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り・手足のしびれなどの症状が出ることもあります。

症状が強く病院で、レントゲンを撮っても骨に異常がなければ湿布と痛み止めを出されるだけということが多いです。 画像検査で異常がなければ治療法がないというのが病院の考え方です。

整骨院や治療院では、「病院でのレントゲン検査では映らない筋肉と関節に対してアプローチしていきます。」 筋肉と関節の状態を整えて神経のストレスを取ってあげることで症状は回復していきます。それも負傷して早ければ早いほど回復は早まります。

しかし、実際には痛みが取れず、時間が経ってから来院される方が多いです。

当院では、むちうち治療に対して受傷直後はアイシングと安静を指導します。痛んでいる部位は筋肉や靭帯が伸ばされて負傷していることが多く関節が不安定になっています。

施術は手技によって関節の安定化を図るために関節に圧力をかけながら整えていきます。

下記のような症状が現れた場合、要注意です

・手足がしびれる 

思考が働かない

・肩、腕、指にまで広がる痛みとしびれ 

・頭痛が強い

・手に力が入らない 

・吐き気・めまいがする

数日経過してから、こうした症状が出てくる場合がほとんどですので、その場なんともなくても警察を呼んで、しっかりとした手続きを行ってくださいね。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る