頚椎椎間孔狭窄症

頚椎椎間孔狭窄症

最近、ストレートネックに続き増えてきている頚椎椎間孔狭窄症について書いていきます。

一体どんな病気なのでしょうか?

・慢性的に肩・首が凝っている

・腕から手にかけてしびれが出る

・握力が落ちている

・上を見上げると痛い

 このような症状がある場合は同じ病気が隠れている可能性があります。

椎間孔ってどこ?

脳から出た神経は、背骨の中を通って骨盤まで続き、その間左右に枝分かれして、筋肉や内臓につながります。

枝分かれした神経は、椎骨と椎骨の間にある孔(あな)から出るので、この神経の出口を椎間孔(ついかんこう)と呼びます。

椎間板

椎間孔狭窄症ってどんな病気?

椎間板が潰れて、椎骨と椎骨の間が狭まくなり、左右どちらかに傾いたり、椎間孔が狭まくなって神経が圧迫された状態を『椎間孔狭窄症』といいます。

椎間孔狭窄症はどんな症状が出るの?

発生した場所と程度によって症状はさまざまでですが、ヘルニアや脊椎管狭窄症と似た症状を訴えます。

・首が常に張って痛い

・腕から手にかけてしびれる

・握力が入らない

このような症状が現れてきます。

椎間孔狭窄症の原因は?

一般的には、椎間板の老化が原因で起こると言われています。

とくに、加齢により椎間板の水分が減ると椎間板は薄くなり、椎骨と椎骨の間が狭まくなります。

しかし、これは結果であって原因ではありません。

実際に椎間孔狭窄症と診断された方たちは、「頚椎の歪み」が強く出ていることが多いです。

この歪みを整えていくと、症状が改善することがわかりました。椎間孔の狭窄は結果であり原因は日常生活における姿勢や身体の使い方によって起こった頚椎の歪みなのかと思います。

まるいま治療での整体施術

当院では、頚椎椎間孔狭窄症は日常生活における姿勢や身体の使い方によって起こった頚椎の歪みが原因だと考えています。椎間孔が狭窄してくる前に、頚椎の弯曲がなくなってくるストレートネックが起こってきます。ストレートネックによって骨の支持性が悪くなると筋肉で支えようと筋肉を硬くして守ります。この状態が首が張って痛いというレベルです。その状態が進行して筋疲労が起こり筋肉で支えられなくなってくると骨に負担がかかり椎間板が潰れてきてしまいます。

施術は骨の支持性を高めるために骨盤と背骨の動きをつけ、背骨に自然な弯曲がつくように促すことが大切です。

早めのケアが何よりもの予防になります。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る