梅雨と頭痛

梅雨に多い頭痛

これから梅雨に入り、嫌な季節になりますね。この時期に多い症状として頭痛があります。なぜ梅雨の時期に頭痛が多いのか書いていきます。

頭痛2

1、気圧の変化による不調

気圧が下がると、体全体が膨張しパンパンになります。 標高の高い山にポテトチップスを持っていくと、袋がパンパンになってしまうのと同じです。頭の中も膨張するので頭の中の圧力が高くなります。脳圧が高くなるということです。脳圧が高くなることで、循環が悪くなり神経にも影響が出て頭痛が起こりやすくなるのです。    

2、湿度による不調

周りの湿度が高くなると、汗をかいているようでも蒸発しないだけで、体内に 熱や、水分がこもりやすくなります。熱や水分がこもると体温調節にエネルギーを使い循環が悪くなりやすいのです。  

 

梅雨時期の頭痛の3つの対策法

①首の後ろをアイシング(冷やす)する!

湿度が高くなると熱がこもるという説明をしましたが、熱が上昇するので頭に集中してしまいます。のぼせて手足が冷えているような状態です。脳はタンパク質からできており熱に弱いので、首の後ろを冷やして熱を抜いてあげる必要があります。それだけでも頭痛が改善する方は多くいらっしゃるのでやってみてください。

②汗をかく

体に熱がこもってしまうため、運動やお風呂で汗を出すことに努めてください。汗をかくことで体温上昇を抑えられるので体がすっきりすると思います。

③ウォーキングをする

気圧が下がると体が膨張して脳圧が高くなり循環が悪くなると説明しました。人間には血液以外にも脳脊髄液という液体もあり、脳圧に関しては脳脊髄液の循環が深く関わります。その脳脊髄液の循環を良くするためには骨盤をリズムよく動かすことが大切になります。その運動に適しているのがウォーキングなのです。20~30分連続で歩くことで効果が出てきやすいです。

まとめ

日本では、梅雨は避けられないので自分で対処する方法を見つける必要があります。

おすすめの方法を3つお伝えしました。

①首の後ろをアイシング(冷やす)する!

②汗をかく

③ウォーキングする

この中で自分に合うものを選び実践していただけたらと思います。

もしなかなか改善しな場合は、首や頭の硬さが強いことがありますのでその時は施術する必要があります。

 

追伸:頭痛外来などで異常が見つからず、薬を処方されるだけで良くならない方は是非一度ご来院ください。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る