腰椎すべり症でお悩みの方へ

腰椎すべり症でお悩みの方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰椎すべり症と診断され手術をすすめられている
  • 腰痛がひどく足にしびれの症状がある
  • コルセットを巻いていないと不安
  • 腰の痛みが強く仕事が辛い

一つでも当てはまるのであれば当院が必ずお役に立てます。

腰痛すべり症の症状は?

腰椎分離すべり症では様々な症状がみられますが、臨床上多くみられるものは次の3つです。

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛(足にしびれや痛みがある)
  • 間欠性跛行(長く歩くと足に痛みやしびれがでる)

腰椎すべり症の原因

①骨盤の前傾が強い

②腰や股関節の筋緊張が強い

③脊骨と背骨の感覚が狭い

④偏った身体の使い方や姿勢などにより起こると考えています。

 

腰椎分離症は、腰椎の前方部分である椎体と後方部分の棘突起が離れてしまって起こる症状です。腰椎すべり症は、腰椎分離症から椎体部分がさらに前方に移動して(すべって)おこる腰椎分離すべり症と、分離はないけれど椎間板が老化などで不安定になっておこる変性すべり症があります。

分離やすべりにより、背骨の中心を通る脊髄神経が脊柱管が狭くなってなることで神経を圧迫するために腰痛や坐骨神経痛、間欠性跛行などの痛みやシビレといった症状が起こると言われています。
腰椎すべり症

対策

腰椎すべり症は、特に骨盤の前傾が強い方がほとんどです。腰を前に反りすぎる姿勢を意識している方が多いです。まずは、それを止めて座っている時はだらっと力を抜いて座ってみてください。なかなか症状が改善しない場合は骨盤の前傾を整えることと骨盤が前傾してしまう原因の足や首の施術が必要になります。腰椎すべり症でお困りの方はご相談ください。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る