仙腸関節炎かなと思われている方へ

仙腸関節炎かなと思われている方へ

こんなお悩みはありませんか?

・左右の骨盤に限局した痛みがある

・座っているよりも立っている方が楽

・片側に体重を乗せると腰が痛い

もしかしたらその症状は仙腸関節が炎症を起こしているかもしれません。

お尻から腰にかけて痛みがある場合『仙腸関節」という大きな関節が関係していることが多々あります。

この仙腸関節は歩行をする際に仙骨と腸骨の間に縦に加わる剪断力(せんだんりょく)が加わることで痛みを感じたりひどい時は炎症を起こしてしまうこともあります。


骨模型

 

あなたの痛みがでている場所はどこですか?

左右の骨盤の出っ張った部分に限局的に痛みや違和感が出ている方が多いです。

感じ方としては「ピリピリ」、「ズキズキ」、様々な表現をする方がいらっしゃいます。

人それぞれ感じ方は違いますが、多くの場合は神経に響くような鋭い痛みが走ることが多いです。

仙腸関節炎を起こす原因

・お尻の筋肉からの影響

お尻周りの筋肉は仙腸関節を形成している仙骨や腸骨に繋がっています。よってお尻周りの筋緊張が仙腸関節に影響を与え症状を出してしまいます。これと連動して坐骨神経痛も引き起こしますので注意が必要です。

 ・外傷の影響(段差からの落下)

 仕事や趣味など、日常生活において身体の使い方によって前後左右の重心の偏りがでてきます。 重心バランスに崩れがでてくると、左右どちらかに体重を多くかけて身体を使ってしまいます。また、階段の踏み外しや段差から落下した場合に地面から突き上げられる力が瞬間的に加わることで仙腸関節に不具合を生じさせます。一番、強く症状が出るパターンとして転倒があります。転倒して尻もちをつくと坐骨から強い力が加わることで仙腸関節が障害されます。

仙腸関節に限らず、関節は圧力がかかることで生理的な働きができるようになっています。それが片側だけに多く圧力がかかりすぎたり、瞬間的に強い力がかかりすぎることで痛めてしまいます。

 

予防法、対処法

予防としては、片側だけに重心をかけた姿勢をとりすぎないことです。それと左右の仙腸関節をバランスよく使うためにウォーキングが大切になります。急性期の仙腸関節炎の対処法はアイシングを行って下さい。病院ではブロック注射をされて痛みが軽減する方もいれば変わらない方もいます。痛みが軽減したとしても仙腸関節の動きが悪いままの方もいます。放置してしまうと関節部分が固くなり腰の動きが制限されたり、そこを補正するために股関節に異常を起こす場合もあります。しっかりと信頼できる治療家に調整してもらうことをおすすめいたします。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る