低気圧と頭痛、古傷が痛む

低気圧と頭痛、古傷が痛む

最近、雨が多く台風もあって低気圧が続いていますね!
気圧があることで、私たちの体はその原型を維持できています。

気圧が低くなると、体は膨張してしまいます。そうすると体液(血液、リンパ液、脳脊髄液)の循環は悪くなり、
むくんだり、関節が緩みやすくなります。特に脳脊髄液という液体の循環が悪くなると脳圧が上がり頭痛がでやすくなります。

人の体は圧には強くできてますが膨張には弱いのです。
雨が降る前に体調が悪くなる方は、体の中でこのようなことが起こっています。

対策

痛みや不調が起こっている部分を氷で冷やすことです。膨張していると循環が悪くなり熱がこもってしまうのです。
氷がない場合は保冷剤をタオルで巻いて20分ぐらい冷やしてみてください。

体を整えていくと気圧の影響を受けにくくなりますよ!困っている方に教えてあげてくださいね!!

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel022-393-4115

仙台市青葉区宮町2-1-37 リトルヒルズ101
東照宮駅徒歩5分 バス停「宮町2丁目」下車3分

ページトップへ戻る